HAYATORA日記

管理人HAYATORAの日々の出来事

深いラフにはまった時の、アイアンの上手な打ち方

今回の話題は、ゴルフの上達がしたい人のためのお話です。

私も昔かなり悩みましたが、「深いラフにはまった時の、アイアンの上手な打ち方」ですね!

1.最優先すべきは脱出すること
ゴルフ場によっては、とんでもなく深いラフが設計されていることもありますよね。ラフに入らなければもちろんいいのですが、もしハマってしまった時、最優先すべきはラフからの脱出ですよね。
ラフからのアイアンの打ち方は、プロゴルファーでもうまく打てる確率は低い言われています。ですから、飛距離で出そうなんて考えずに、とりあえず脱出させることを考えるべきです。
その時、芝目も一緒に見る必要があります。
順目であれば大きな問題ではありませんが、逆目だった場合は、予想以上に飛距離をロスする可能性が高いのです。逆目でなくとも、芝に隠れてしまうほどの深いラフであれば、とにかくそこから「ボールを出す」ことだけを考えるべきでしょう。
比較的出しやすいクラブはロフト角度が大きいものです。9番以上を使って挑戦してみてください。

2.打ち方のコツ
ラフでの打ち方は、左足に体重をかける構え方になります。ボールの置く位置は両足の中心から2~3cm右足寄りに。体重は左足にかけたまま縦に振り下ろすイメージでスイングします。
ラフが深いと、芝にフェースが引っかかってしまいます。ですからフェースはややかぶせ気味してスイングしなければなりません。
そのスイング時の手首の使い方は、通常と違い工夫する必要があります。手首を返さないようクラブを振れるようにしておきましょう。

ラフにはまっても、決して慌てることなくアイアンを使いこなしていきましょう。

ゴルフ上達法のための情報サイトというWEBサイトがありまして、私も良く見るのですが、このサイトのコンテンツは良いです

それから、最近知ったのですが、ゴルフコースってGoogleのストリートビューで見れるのですね!
これかなり面白いです!

http://www.google.co.jp/help/maps/streetview/gallery/golf-course/